トップページ / 仕事の進め方

仕事の進め方

01. 設計相談

まずは、お電話やメール等でご連絡ください。
直接お会いして、ご質問・ご要望等なんでも気軽にお話ください。こちらからは設計事例等の紹介・仕事の進め方について説明いたします。
それから、より具体的な要望・予算・敷地等を伺い、設計のための条件整理・スケジュール作成を行います。


ここまでの設計相談の段階では料金は発生しませんので、
お気軽に相談してください。

02. 基本計画

基本計画の依頼をして頂けたら、ご要望や条件等についてのヒヤリング・設計料等についての具体的な説明を行います。また、必要に応じで敷地調査・法的条件の確認作業を行います。
ご要望・条件をもとに基本計画案を作成し、コンセプト・平面図・模型・ラフスケッチなどを用いてご提案します。
基本計画は、これから建てる建築のコンセプトなど、大枠を決め、具体的に表現するプランを作成する一番大事な作業ですから、計画の方向性をじっくり話し合いご検討頂きたいと思います。


基本計画でキャンセルの場合のみ、プレゼンテーション費用をいただきます。また、敷地調査の内容により別途調査費用を頂く場合があります。(設計契約に至る場合は設計料に含まれます。)

03. 基本設計

基本計画・当社の仕事の進め方に対して信頼いただき、さらに設計を進める場合にはこの時点で正式な設計契約をしていただきます。
基本計画を基に、より具体的な提案・検討・打合せを行い、内外装の仕上・設備等の大まかな仕様・方針を決定します。平面・立面・断面等建物の大枠が決まったところで、概算工事費を算出し大筋でまとまったところで実施設計に入ります。


設計料は用途や規模、構造等により異なりますので、見積書を提出の上、ご相談させて頂きます

04. 実施設計・各種申請

基本設計をもとに、使用する材料・設備機器の選定などの建物全体の仕様や部分的なデザインの詳細などを決定していきます。構造・設備・造作家具などを含めた詳細な設計を行い、見積および施工に必要な実施図面を作成します。
施工業者数社(通常3社程度)に見積を依頼し、見積金額を精査し、内容や信頼性をもとに業者を選定いたします。また、予算に応じた金額に収まるよう設計仕様の調整・修正を行います。
見積・見積調整と並行して確認申請、官庁各種申請手続きを行います。


各種申請料は設計料とは別途となります。

05. 工事監理

選定した施工業者と工事契約をして頂き、着工へと移ります。
着工後、現場が設計図に従って工事が行われているかをチェックし、不適格な箇所は指導、手直しを行います。また、使用材料・機器の選定、色彩計画へのアドバイス・提案を行います。
完成後、検査機関の検査、お施主さま・設計者・工事業者立会いで契約内容にもとづいた施工となっているか最終確認をしていただき、お引渡しとなります。